Menu

AVX Series

“クラウドや仮想化の敏捷性”と”専用アプライアンスのパフォーマンス”

 

サービス事業者も企業も、ネットワーク機能に対して仮想化によるアプローチを採用しつつあり、敏捷性と運用効率を高めようとしています。しかし、ベストエフォート型の仮想化サーバでは、実行負荷の高いアプリケーションデリバリ機能を実行している場合や、ビジネスクリティカルな顧客やアプリケーションに対しSLAを維持しようとする場合などに、パフォーマンス不足に陥ることがあります。

AVXシリーズ仮想化アプライアンスは、”クラウドや仮想化の敏捷性”と”専用アプライアンスのパフォーマンス”という双方の最良の部分を併せて提供します。異なるサイズのADCやSSL-VPN仮想アプライアンスを組み合わせて利用できます。プラットフォームに対しては、キャパシティに応じた段階的な投資が可能です。同時に、それぞれの仮想アプライアンスには、パフォーマンスが保証されます。

AVX Series offers the agility of cloud and virtualization with performance of dedicated appliances.

マルチテナント型仮想化アプライアンス

 

AVX3600

AVX3600

マルチテナント型仮想化アプライアンス

AVX3600は、デュアル電源搭載の1Uアプライアンスです。合計35Gbpsのスループットをサポートし、独立したvAPV/vxAG仮想アプライアンスのインスタンスを最大8基収容し同時稼働させることが可能です。4種類のサイズの仮想アプライアンスを、pay-as-you-grow(リソースを必要分だけ利用できる)ライセンスに応じて柔軟に組合せできます。各インスタンスには専用のCPU、SSL、メモリ、I/Oがアサインされ、パフォーマンスが保障されます。

詳細を見る

AVX7600

AVX7600

マルチテナント型仮想化アプライアンス

AVX7600は、デュアル電源搭載の2Uアプライアンスです。合計64Gbpsのスループットをサポートし、独立したvAPV/vxAG仮想アプライアンスのインスタンスを最大16基収容し同時稼働させることが可能です。4種類のサイズの仮想アプライアンスを、pay-as-you-grow(リソースを必要分だけ利用できる)ライセンスに応じて柔軟に組合せできます。各インスタンスには専用のCPU、SSL、メモリ、I/Oがアサインされ、パフォーマンスが保障されます。

詳細を見る

AVX10650

AVX10650

マルチテナント型仮想化アプライアンス

AVX10650は、デュアル電源搭載の2Uアプライアンスです。合計128Gbpsのスループットをサポートし、独立したvAPV/vxAG仮想アプライアンスのインスタンスを最大32基収容し同時稼働させることが可能です。4種類のサイズの仮想アプライアンスを、pay-as-you-grow(リソースを必要分だけ利用できる)ライセンスに応じて柔軟に組合せできます。各インスタンスには専用のCPU、SSL、メモリ、I/Oがアサインされ、パフォーマンスが保障されます。

詳細を見る

提供される機能(仮想アプライアンス)

 

vAPV

vAPV

仮想アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)

vAPVは、アレイAVXマルチテナント型仮想化アプライアンス上で、entry、small、medium、largeの4種類のサイズで利用できる仮想アプリケーションデリバリコントローラです。オンデマンドでの機能のロードバランシング、パフォーマンスが保障されたアプリケーションデリバリを柔軟に提供します。

詳細を見る

vxAG

vxAG

仮想セキュアアクセスゲートウェイ(SSL-VPN)

vxAGは、アレイAVXマルチテナント型仮想化アプライアンス上で、entry、small、medium、largeの4種類のサイズで利用できる仮想セキュアアクセスゲートウェイです。オンデマンドでの機能のロードバランシング、パフォーマンスが保障されたアプリケーションデリバリを柔軟に提供します。

詳細を見る

共有環境でも”保障されたSSLパフォーマンス”

仮想化サーバ上で、計算負荷の高いSSL暗号化を実行するのは、非効率的です。アレイのマルチテナント型仮想化アプライアンスは、専用にビルドされた製品ゆえに、このような非常に重要なネットワーク機能において優れた性能を示します。データセンタ内のアプリケーションデリバリ用のスペースを、専有型のADCアプライアンスと比較し最大16倍まで縮小でき、SSL-TPS(1秒あたりのトランザクション処理数)のコストは可能な限り低く抑えられます。

 

Entry-level configuration supports up to 32 vAPV instances.
Small configuration supports up to 16 vAPV instances.
Medium configuration supports up to 8 vAPV instances.
Large configuration supports up to 4 vAPV instances.

管理の統合

 

AVX Series can integrate with a wide variety of cloud management platforms.

 

パブリックおよびプライベート・クラウドに求められるものは、単に”仮想化”のみではありません。“オーケストレーション”は、クラウドの利点である敏捷性と管理効率を実現するために不可欠の要素です。アレイのeCloud™ RESTful APIを使用すると、AVXシリーズ・マルチテナント型仮想化アプライアンスは、VMware vRealize Orchestrator、Microsoft System Center Configuration Manager、OpenStack Neutron LBaaS、内製のクラウド管理プラットフォームと統合することができます。

AVXシリーズのマルチテナント型仮想化アプライアンスは、求める要件の多いユーザを擁するInfrastructure-as-a-Service(IaaS)クラウド事業者や、ビジネスクリティカルなアプリケーション/ソフトウェアサービスを利用する企業にとって、”クラウドや仮想化の敏捷性”と”専用アプライアンスのパフォーマンス”を同時に実現できる理想的な製品です。

Cloud Infrastructure Services

Cloud infrastructure services deployment diagram

Business-Critical Applications

Business-critical applications deployment diagram

お客様の

Array Networks and SoftLayer have been partners for years. Rapid deployment and the extensible nature of SpeedCore APIs were the deciding factors for standardizing on Array application delivery solutions.

Sean Charnock

VP of Business Development, SoftLayer

アレイのソリューションに今すぐトライ!! 30日間無償評価版を入手する