Menu

Link Load Balancing

Homeソリューション可用性リンク負荷分散 (LLB)
Homeソリューション可用性リンク負荷分散 (LLB)

リンク負荷分散により高可用性ネットワーク接続を実現

Link Load Balancing for High-Availability Network Connectivity

リンク負荷分散(LLB)は、複数のWAN接続に対して高度なフェイルオーバーと帯域幅の管理機能を提供し、1つあるいは複数のISPリンクが利用不可や応答速度低下に陥った場合でも、エンタープライズアプリケーションやクラウドサービスの運用継続を可能にします。

アレイのリンク負荷分散は、ISPのWANリンクをインテリジェントに分析し、帯域幅を配分して優先順位の割り当てを行い、ビジネスクリティカルなアプリケーションのシームレスなフェイルオーバーを実現します。アレイのリンクロードバランサは、スタンドアロンのソリューションとして、あるいはサーバ負荷分散やグローバルサーバ負荷分散といった、アレイが提供する他の高可用性ソリューションと組み合わせて使用することもできます。この機能は、稼働時間とサービスレベルアグリーメント(SLA)の保証や、帯域コストの削減、エンドユーザエクスペリエンスの向上に役立ちます。

リンク負荷分散(LLB)の利点

 

Enterprise and service provider-class reliability and availability

可用性

1つまたは複数のISP接続が利用不可となった場合でも、他の複数のWAN接続の間で、アプリケーション、データサービス、Webサイト、VPNなどに対し、エンタープライズおよびサービスプロバイダ・クラスの信頼性と可用性を維持します。

Ensure applications can run at maximum performance

パフォーマンス

高速化、最適化、サーバのオフロードの各機能を統合して、アプリケーションが最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。

Minimize bandwidth costs and maximize connectivity

ROI

低コストのリンクを複数集約することで、帯域コストを最小限に抑えつつ、接続性を最大限に高めます。

Real-time monitoring of WAN links

監視

リンクロードバランサは、WAN回線および接続のステータス、パフォーマンス、使用率をリアルタイムで監視し、中断のないスループットを保証します。

Maximize WAN bandwidth efficiency

効率

高度な帯域管理、圧縮、およびレートシェイピングを活用して、WAN帯域の効率を最大限に高めます。

Route traffic over optimal WAN links and ISPs for better performance

高速化

eRoute™ポリシーベースのL4ルーティングを通じて最適なWAN回線およびISPにトラフィックを振り分け、ユーザの生産性とアプリケーションの効率を維持し、最高品質のユーザエクスペリエンスを実現します。

お客様の

Array Networks and SoftLayer have been partners for years. Rapid deployment and the extensible nature of SpeedCore APIs were the deciding factors for standardizing on Array application delivery solutions.

Sean Charnock

VP of Business Development, SoftLayer

アレイのソリューションに今すぐトライ!! 30日間無償評価版を入手する